20,000円(税込)以上で全国送料無料&会員登録で今すぐ使える500ポイント進呈

ピュリニー・モンラッシェ村のアリゴテを使用。アリゴテらしいフレッシュでエレガントなワイン。

オリヴィエ・ルフレーヴ / ブルゴーニュ・アリゴテ

¥3,300
税抜 ¥3,000
商品コード
102935
ヴィンテージ
2021年
容量
750ml
在庫
5
小売希望
¥3,960(税込)
タイプ
白ワイン
生産者分類
ネゴシアン
生産者
Olivier Leflaive
商品名
Bourugogne Aligote
格付け
Regionales
輸入元
エノテカ

オリヴィエ・ルフレーヴ / Olivier Leflaive

ピュリニーの著名ルフレーヴから独立。自らの名でスタートさせたネゴシアン。

ルフレーヴ家は、1700年代からブルゴーニュでワインを造っている名家。
1984年にドメーヌ・ルフレーヴから独立したオリヴィエ氏が自身の名前で起ち上げたのが、このネゴシアンです。

ネゴシアンでありながらも、契約農家の畑以外に自社畑も拡大させており、現在は21haもの規模を誇っています。
その中には、ドメーヌ・ルフレーヴから相続した2haの畑、故アンヌ女史がビオディナミを徹底していたシュヴァリエ・モンラッシェやバタール・モンラッシェの銘醸畑も入っています。

オリヴィエ・ルフレーヴの魅力は、どんな年であっても安定した品質を維持しているということ。
その証拠に、品質の安定が厳しく求められる一流ホテルやレストランでのワインにも採用されています。

契約農家と言っても、栽培方法や収穫日までをオリヴィエ・ルフレーヴのチームが細かく指定。
もちろん手摘みで収穫されるため、もはやドメーヌと言ってもおかしくないような高品質なワインが生まれます。

ムルソーの名門と言われるドメーヌ・ルーロ出身のフランク・グリュ氏が醸造責任者となり、オリヴィエ氏の右腕として、醸造から栽培、買付けまですべてを担っており品質向上に大きく貢献しています。

生産者ページはこちら
Vintage 2021

2021年は、自然の猛威に苦しんだ中の光あるヴィンテージ

ブルゴーニュ地方のぶどうへの病気等は想像以上に厳しい現実になりました。
暖冬で芽が出始め、4月前半の霜の被害、6月にあった大きな雹の嵐、夏の雨が多くミルデューが広がってしまい、9月の時点でこれほどぶどうの実がなっていないのは初めてとも言われ、ここ44年来の低収穫量になりました。

ただ、この状況化で生き抜いたぶどうの品質はアロマ・糖度は申し分なく低収量ですが、最高のヴィンテージになるとの期待があります。

ブルゴーニュ・アリゴテ / Bourgogne Aligote

酸味が特徴のアリゴテ種のみの広域アペラシオン

ブルゴーニュの白ワインと言えばシャルドネ種ですが、意外と生産量は多く、少なかった2008年でも100万ケース相当のワインができています。ほとんどが国内で消費され、アリゴテ種特有のフレッシュさと酸味を楽しむワインです。

ユーザーレビュー

この商品に寄せられたレビューはまだありません。