20,000円(税込)以上で全国送料無料&会員登録で今すぐ使える500ポイント進呈

ムルソー3つの区画畑の古樹から生まれる、丸みのあるふくよかな1本。

ヴァンサン・ジラルダン / ムルソー ヴィエイユ・ヴィーニュ

¥19,800
税抜 ¥18,000
商品コード
61085
ヴィンテージ
2021年
容量
750ml
在庫
2
小売希望
¥23,650(税込)
タイプ
白ワイン
生産者分類
ドメーヌ
生産者
Vincent Girardin
商品名
Meursault Vieille Vigne
格付け
Communales
栽培方法
ビオディナミ(育成を天体にあわせた有機農法)
輸入元
稲葉

ヴァンサン・ジラルダン / Vincent Girardin

ギド・デ・メイユール・ヴァン・ド・フランス2024年2つ星生産者。危機を乗り越え、濃厚スタイルからピュアでエレガントなスタイルへと変革を遂げた新生ドメーヌ。

ドメーヌ設立から30年を迎えた2012年、ワイナリーを立ち上げたヴァンサンが、体調不良と後継者の不在から、ドメーヌを手放してしまう事件が起こります。

それにより自社畑の多くを売却。
残されたのは最新の醸造設備と、わずかな自社畑、醸造家エリックを初めとする優秀なスタッフたちだけでした。

幸いにも、新たなオーナーはドメーヌを買い取っただけで、運営体制は維持する形をとりました。
さらには、「ヴァンサンの右腕」とされていたエリック・ジェルマンをトップに就任させたのです。

実は、ヴァンサン・ジラルダンのワインが現在のような評価を獲得したのには、エリックの功績が大きくかかわっています。

エリックは、これまでのように高品質なワインを安定して造るために、自分たちで管理する葡萄畑を増やそうと新たな試みを行ないます。
契約農家から葡萄を買い取るだけでなく、「契約農家の畑をも自分たちで管理し、葡萄を買い取る部門」を立ち上げたのです。

それにより得た自社栽培の畑で、オーガニックまたはビオディナミ栽培を採用しています。
2014年には、ムルソーのプルミエ・クリュやポマールのレ・ヴォーミュリアン、村名区画など合計で4haほど手に入れることが出来ました。

以降、少しずつ葡萄畑を買い足し、現在は約33haの自社所有畑・自社管理畑を持つに至っています。
こうしてネゴシアンとしてだけではなく、ドメーヌとしても復活を遂げ、今では誰もが当たり前のように行なっている「完成したワインではなく、葡萄を選んで購入し自分でワインにする」という、ネゴシアンワインメーカーの先駆者としても、これまでと同様にワイン造りを行っています。

以前の、濃厚で果実味、樽の香りがしっかりしスタイルから、ピュアでエレガントなスタイルに生まれ変わったエリックが率いるヴァンサン・ジラルダンは注目のドメーヌです。

生産者ページはこちら
Vintage 2021

2021年は、自然の猛威に苦しんだ中の光あるヴィンテージ

ブルゴーニュ地方のぶどうへの病気等は想像以上に厳しい現実になりました。
暖冬で芽が出始め、4月前半の霜の被害、6月にあった大きな雹の嵐、夏の雨が多くミルデューが広がってしまい、9月の時点でこれほどぶどうの実がなっていないのは初めてとも言われ、ここ44年来の低収穫量になりました。

ただ、この状況化で生き抜いたぶどうの品質はアロマ・糖度は申し分なく低収量ですが、最高のヴィンテージになるとの期待があります。

ムルソー / Meursault

コート・ド・ボーヌ最大の白ワインの銘醸地。 存在感のあるロースト・ナッツのような芳醇な香りとなめらかな味わいの白ワイン。

コート・ド・ボーヌ最大の産地であり、ピュリニー・モンラッシェ、シャサーニュ・モンラッシェと合わせて、ブルゴーニュ3大白ワインの銘醸地です。
リッチな白ワインと言えばムルソーです。
コート・ドール全域で現在の基礎を築いたシトー派の出発点はこのムルソー村と言われています。

斜面の母岩は泥灰石灰岩か白雲岩で、泥土質と粘土質土壌がその上に重なります。斜面頂上部は石灰岩が硬すぎてぶどうは栽培されていません。
プルミエ・クリュは標高240~265mの中腹が栽培地域で、集落の北側(ヴォルネイ村側)の斜面は南東向き。南側(ピュリニー・モンラッシェ側)の斜面は東向きになります。
最北部では赤ワインもわずか数パーセント生産しています。

ユーザーレビュー

この商品に寄せられたレビューはまだありません。