20,000円(税込)以上で全国送料無料&会員登録で今すぐ使える500ポイント進呈

スッキリ飲め、食事にも合わせやすい。ラベルにてんとう虫の自然派シャブリ第一人者

ジャン・マルク・ブロカール / シャブリ サン・クレール・ビオ

¥2,772
通常価格 ¥3,960
商品コード
151372
ヴィンテージ
2022年
容量
750ml
在庫
0
小売希望
¥3,960(税込)
タイプ
白ワイン
生産者分類
ドメーヌ
生産者
Jean Marc Brocard
商品名
Chablis Sainte Claire Bio
格付け
Communales
栽培方法
ビオディナミ(育成を天体にあわせた有機農法)
輸入元
テラヴェール
在庫がありません

スッキリと飲めるおすすめシャブリ

ステンレスタンクにて野生酵母で発酵と熟成。
土壌もグラン・クリュと同じキンメリジャンです。シャブリらしいヨード感があり、シャブリでビオディナミを成功させて第一人者です。
辛口と言えば“シャブリ”ですが、様々な味わいがあり、意外と難しい地区でもあります。
このワインは、スッキリと飲めるシャブリであり、もちろん食事とも愉しめるワインです。

ジャン・マルク・ブロカール / Jean Marc Brocard

ギド・デ・メイユール・ヴァン・ド・フランス2024年掲載生産者。ラベルにてんとう虫。自然派のシャブリ生産者。

1973年、0.3ha から始まった「ジャン・マルク・ブロカール」。
現在、所有する自社畑は 200ha まで増え、 家族経営のドメーヌとしては広大な畑です。

シャブリには大規模生産者が多いが、その多くが 1970 年後半の AOC 拡張時に広がった「ポルトラン ディアン土壌」の畑を所有しています。
ジャン・マルク・ブロカールは北部「ポルトランディアン土壌」ではなく南部のプレイ村に醸造所を構え、その周辺のキンメリジャン土壌のみに畑を所有しています。

生産者ページはこちら
Vintage 2022

2022年は、生産者に笑顔が戻ったヴィンテージ。

2022年も4月3日から数日発生した霜の被害は出たものの、前年や2016年のような壊滅的な被害は免れたようです。
全体的にも霜と病害で収穫量が激減した2021年よりは好転しました。


5月末に開花が始まり、平均気温が過去の月平均を3℃上回り天候が良好、日本と同じで、6月の猛烈な暑さで干ばつの恐れが懸念されています。
暑い夏は病害の発生はなく、8月中旬の雨がブドウの樹に潤いを耐えて、偉大な1959年に匹敵するとも言われています。
数年、量の少ない年が続いたこともあり、2022年は生産者みなに笑顔が戻った年に。

シャブリ / Chablis

辛口の代名詞として、不滅の名声を勝ち取った産地

パリから2時間、パリとボーヌの中間にあるヨンヌ県の都市オーセールの近郊に広がる産地で、スラン川を挟み両岸にシャブリの畑が広がるブルゴーニュ地方の中では最北の位置です。

シャブリは2600人ほどの小さな街の名前でもあり、れっきとした原産地呼称AOCでもあります。

辛口の代名詞と言われるシャブリですが、1億5000万年以上前のジュラ紀後期のキンメリッジ階の粘土石灰質土壌と、チトヌス階と言われる白く硬い石灰岩土壌で、キンメリッジ階は小さな牡蠣の欠片など、海の中だった事を示します。
キリッとミネラル豊かなワインが生まれ、ぶどうはシャルドネ種。不滅の名声を得た地域です。

シャブリと言っても様々なワインがあり、一言で辛口だけでは言い表せない地域になっています。

ユーザーレビュー

この商品に寄せられたレビューはまだありません。