20,000円(税込)以上で全国送料無料&会員登録で今すぐ使える500ポイント進呈

ピュリニーを代表するドメーヌの看板ワイン。村名ワインの枠を大きく超えた素晴らしバランスとポテンシャルを持った1本。

ポール・ペルノ / ピュリニー・モンラッシェ

¥15,950
税抜 ¥14,500
商品コード
240493
ヴィンテージ
2022年
容量
750ml
在庫
3
小売希望
¥15,950(税込)
タイプ
白ワイン
生産者分類
ドメーヌ
生産者
Paul Pernot
商品名
Puligny Montrachet
格付け
Communales
栽培方法
リュット・レゾネ(減農薬農法)
輸入元
エイ・エム・ズィー

平均1972年植樹 約50年のヴィエイユ・ヴィーニュ。
16のリューディ 6.72haの畑のブドウをブレンドしています。
新樽率は10~15%でアリエ産のフランソワ・フレール社製の樽で11ヶ月熟成。
魚介から鶏肉のクリームソース、キノコを使った料理に合わせたいワインです。

ポール・ペルノ / Paul Pernot

ピュリニーを代表するドメーヌのひとつ。

1850年創業のピュリニー村を代表する生産者のひとりです。
現在は3代目と4代目が運営を行っており、リュット・レゾネにて栽培しています。

収穫は全て手作業で、発酵前に醸しは行われず、30度で15日間にわたり発酵。
白は空気式圧搾機を用い穏やかにプレス、不純物を沈殿させた後、樽内発酵し、赤は完全除梗、発酵後一回のみ穏やかにプレスします。
赤白共に樽内で1年間熟成させます。

新樽比率は村名格30%、1級畑40%、特級畑50%。
白は清澄と軽い濾過、赤は軽い清澄が行われた後、瓶詰めされます。
このように、ポール・ペルノでは、テロワールとヴィンテージの持ち味を引き出すべく自然な手法が心がけられています。

生産者ページはこちら
Vintage 2022

2022年は、生産者に笑顔が戻ったヴィンテージ。

2022年も4月3日から数日発生した霜の被害は出たものの、前年や2016年のような壊滅的な被害は免れたようです。
全体的にも霜と病害で収穫量が激減した2021年よりは好転しました。


5月末に開花が始まり、平均気温が過去の月平均を3℃上回り天候が良好、日本と同じで、6月の猛烈な暑さで干ばつの恐れが懸念されています。
暑い夏は病害の発生はなく、8月中旬の雨がブドウの樹に潤いを耐えて、偉大な1959年に匹敵するとも言われています。
数年、量の少ない年が続いたこともあり、2022年は生産者みなに笑顔が戻った年に。

ピュリニー・モンラッシェ / Puligny Montracet

今や世界的な白ワインの銘醸地に数えられる村

今や世界的な白ワインの銘醸地に数えられる村ですが、歴史を振り返れば赤ワインを造っていた産地であり現在の評価が確立するのも19世紀になってからです。
栽培地域は南北に約1.5kmと狭いのに対し、標高が230~380mと高低差があります。南北に伸びるラッシュ山、東向き斜面の南側4分の1がグラン・クリュ、北側4分の3がプルミエ・クリュの畑があります。モンラッシェとバタール・モンラッシェは隣のシャサーニュ・モンラッシェ村にも広がっています。

土壌は粘土質と泥質の表土は、上部では石灰質が強くなり、下部では粘土質が強くなります。レジョナルは斜面下の東側で平地がほとんどで砂利が多い土壌です。
地下水層が近いため、地下深いカーヴが無かったため、ワインを貯蔵出来ず、ドメーヌ元詰めが一般化するのが他の地域より遅かったのも特徴です。現在は白ワインが99%で若干の赤ワインもあります。

ユーザーレビュー

この商品に寄せられたレビューはまだありません。